アマタスプリングス

【おすすめポイント】

アマタスプリング カントリークラブは、タイ、バンコク中心部から車で70分ほど、アマタ工業団地内に位置したコースです。2005年オープンの新しいコースで、リー・シュミットとブライアン・カリーによる設計されたいわずと知れた高級ゴルフ場です。 こちら、アマタスプリング カントリークラブはタイ国の中でもトップクラスの名門コースで、2009年、2010年に正月に行われるロイヤルトロフィーで石川遼選手が参戦し、日本でも一躍有名になりました。過去にはアメリカのゴルフトーナメント「ジョニーウォーカークラシック」が開催され、タイガーウッズが優勝したことでも知られる名門ゴルフ場です。2011年もタイランドチャンピオンシップが12月に開催され石川遼選手、マキロイ選手などが参戦しよりいっそう盛り上がりを見せております。充実した施設に、コースメンテナンスやキャディーの教育まで、文句のつけ様が無いゴルフ場です。 アマタスプリングスはゴルフコースの中央に大きな池があり、この池を取り囲むように各ホールが設置されています。当然、ウォーターハザードの多いコースになりますが、池やバンカーの位置は緻密に計算されていて挑戦的、ゴルフ上級者はこの戦略的なホール設計がたまらないと言います。さすがプロがトーナメントを行う名門コースと言えます。前半は長めのコース設定になっており、パワー、そしてロングショットと、正確なドライバーが必要になります、後半はトリッキーな設定になっており、短いけれどハザードが多くプロや上級者でも多くの技量を試されます。特に17番の浮島グリーンは非常に難しく乗せた後は、舟でグリーンに渡るという名物コースになっております。 料金は高めですが、1度はプレーしてみたい名門コースです。

【所在地】

アマタナコン 工業団地700 / 3-9 Moo 6、T.Nongmaidaeng、A.Muang
Chonburi、Chonburi 20000Thailand